活性酵素対策が癌に効く|インスリン分泌量が糖尿病のカギを握る|膵臓に栄養を与える
婦人

インスリン分泌量が糖尿病のカギを握る|膵臓に栄養を与える

活性酵素対策が癌に効く

女性

癌の抑制に効く理由

水素水は幅広い効能を発揮することで知られていますが、近年癌の抑制効果に注目が集まっています。国内外の研究でも、病気や老化の原因物質は活性酵素と深く結びついていることが判明しています。金属は酸化によって錆びてしまいますが、人体の細胞も同じメカニズムで動いています。体内の活性酵素量が多いと細胞が錆び付いてしまい、スピーディーに老化が進み病原菌への抵抗力が失われてしまいます。癌の発生、進行にも、活性酵素が強く影響しています。そのため、抗酸化作用に優れ活性酵素を取り除く働きがある水素水が役に立ちます。薬ではありませんから即効性こそ期待できませんが、飲み続けることで副作用の心配なくプラスの効果を得られる可能性があります。

他の抗酸化物質と違う点

水素水の抗酸化作用が、癌の発生を食い止めたり、進行を遅らせる効果があると話題になっています。実は、水素水以外にも抗酸化作用を発揮する成分はたくさんあります。ビタミンCやポリフェノールも有名です。ただ、一般的な抗酸化物質は身体に必要な良性の酵素まで排除してしまうので、ご注意下さい。酵素にも種類があり、全部の酵素が身体に害を及ぼすわけではありません。あくまでも癌などの病気、加齢を促進する悪い酵素は、活性酵素です。その点、水素水は活性酵素だけをピンポイントで狙って除去するので、良性の酵素まで奪われることはありません。水素水独自の健康増進効果、酵素に対する働きかけは国際的にも注目を集め、世界各国で研究が進められています。